RESTAURANTS PLANS

カテゴリでお食事プランをお探しいただけます。

花見を楽しむ心躍る桜メニュー レストランにて期間限定メニューを提供

花見を楽しむ心躍る桜メニュー レストランにて期間限定メニューを提供

コンラッド東京では3月1日(木)から4月30日(月・祝)までの期間中(一部除く)、館内2つのレストランにて春の訪れを象徴する「桜」をテーマにしたメニューをご提供します。

オールデイダイニング「セリーズ」平日限定「シェフズ・フェイバリッツ」

オールデイダイニング「セリーズ」平日限定「シェフズ・フェイバリッツ」

黒毛和牛のフォアグラ入りハンバーグほか選べる「メインディッシュ」、ホテルメイドのテリーヌやサラダバーなどの前菜ブッフェに加え、予約困難な「オトナ苺スイーツブッフェ」から5種類のデザートをお好きなだけお楽しみいただけるランチプラン、「シェフズ・フェイバリッツ(Chef’s Favorites)」を平日限定にてご提供します。
期間 / 2018年1月17日(水)~ 平日のみの開催

日本料理「風花」新春の贅を味わう会席コース

日本料理「風花」新春の贅を味わう会席コース

日本料理「風花」では、旬の山海の幸を存分にご堪能いただける、料理長おまかせコースをご用意します。
期間 / 1月8日(月・祝)~2月28日(水) 

日本料理「風花」1日10個限定 華やかお花見弁当 「春びより」

日本料理「風花」1日10個限定 華やかお花見弁当 「春びより」

日本料理「風花」では、毎年好評のテイクアウト花見弁当を1日10個限定でご提供します。桜を愛でながら春の味覚をご堪能ください。
期間 / 2018年3月15日(木)~4月15日(日) 

中国料理「チャイナブルー」この時期限定 桜を贅沢に使用した春色メニュー

中国料理「チャイナブルー」この時期限定 桜を贅沢に使用した春色メニュー

中国料理「チャイナブルー」では、料理長 アルバート・ツェがレストランから見える浜離宮恩賜庭園の緑と桜が調和している景色に着想を得て創り出す桜コースがお目見え。窓に広がる浜離宮恩賜庭園の絶景と、ふんわり漂う桜の香りを楽しみながら、桜づくしのコースを存分にご堪能ください。
期間 / 2018年3月1日(木)~4月30日(月・祝)

中国料理「チャイナブルー」、ウィークエンドブランチで週末リセット初登場のブッフェやモダン点心を堪能するランチコースも

中国料理「チャイナブルー」、ウィークエンドブランチで週末リセット
初登場のブッフェやモダン点心を堪能するランチコースも

中国料理「チャイナブルー」では、土日祝限定のブランチメニューをご提供します。営業時間を延長し、遅めのランチにもぴったりなプランです。高さ8メートルの大窓から臨む東京湾の絶景とともに、週末のゆったりランチをご満喫ください。
期間 / 2017年9月16日(土)~ 土日祝限定

オールデイダイニング「セリーズ」究極の贅沢をほおばる、とっておきバーガー

オールデイダイニング「セリーズ」
究極の贅沢をほおばる、とっておきバーガー

年末年始には「フォアグラとトリュフのロッシーニ風 ビーフバーガー」と、「ズワイ蟹のクリームコロッケバーガー」を数量限定にてお楽しみいただけます。

日本料理「風花」ほうじ茶のラテやエスプレッソほか、食後に楽しむドリンクメニュー

日本料理「風花」
ほうじ茶のラテやエスプレッソほか、食後に楽しむドリンクメニュー

日本料理「風花」では、窓外に広がる浜離宮恩賜庭園と東京湾を望むゆったりとした空間で、お食事の余韻にひたる食後のお飲み物をご用意しています。

モダンフレンチ「コラージュ」ウィークエンド ランチのご案内

モダンフレンチ「コラージュ」ウィークエンド ランチのご案内

「コラージュ」ではシェフの豊かな経験と新しい調理技法を取り入れて創り上げる、繊細で洗練された料理とシャンパーニュ&ワインをお好きなだけお楽しみいただける週末限定のランチをご用意しています。開放感のあるエレガントな空間で週末のひとときをお楽しみください。

モダンフレンチ「コラージュ」お顔合わせ・ご結納プラン

モダンフレンチ「コラージュ」お顔合わせ・ご結納プラン

モダンフレンチ「コラージュ」では、お二人の末永い幸せを願い、ご両家の幾久しい絆を結うお祝いの席にふさわしいプランをご用意いたしました。 シェフがインスパイアされためずらしい食材や、フレンチにとらわれない調理技法を取り入れた新スタイルのモダンフレンチと心をこめたサービスでお二人の新しい門出をお手伝いします。

宿泊予約システム移行のお知らせ

2017年9月12日(火)より、宿泊予約オンラインシステムを変更させていただくこととなりました。つきましては、新システム移行に伴い、現在ご利用いただいておりますお客様には、大変ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

詳しくはこちら

Page Top

sp