• Instagram
  • facebook
  • twitter

Krug 1 2 3 4

Krug 1 2 3 4

去る3月22日、KRUG 6代目当主 オリヴィエ・クリュッグ氏をお迎えしてのスペシャルディナーを開催しました。

今回は、クリュッグ氏がお客様にお伝えしたい4つのことKrug 1 2 3 4とともに、お食事と「Krug」をお楽しみいただきました。

 

 

  1. 夢:「Krug」というシャンパーニュは創設者のヨーゼフ・クリュッグ氏の夢そのものであるということ。
  2. その夢にかけた想い:ヨーゼフ氏の情熱や日記を紐解きながら、「良い年であろうが、悪い年であろうが、人々がシャンパーニュに求める全ての要素を盛り込んだものを造る」というヨーゼフ・クリュッグ氏の思いが根底にあり、「Krug」が造られているということ。
  3. 畑による個性の違い、職人の巧みなブレンディング、ボトル熟成に長い期間を置く忍耐強さについてのお話をしてくださいました。
  4. 【The 4 Cs】

今回のスペシャルディナーにおいてキーとなったのがこの「The 4 Cs」です。

ここをしっかりとお伝えしたいという強い思いから、今回のメインディッシュも食材で「4C」を表現したいとのリクエストがありました。今回のスペシャルディナーのためにシェフに沢山お願い&わがままを言いまして(松永シェフ…すみません(*^_^*))こちらの一皿を皆さまにご用意しました。

 

Roasted Canard, Carrot, Chicory, Caramel

(Cinnamon, Clove, Cardamom, Coriander)

鴨のロースト 人参とチコリ、キャラメル

(シナモン、クローブ、カルダモン、コリアンダー)

 

「Krug Brut Rosé」がもつ、蜂蜜のような甘い香りとキャラメルの香りが、シェフオリジナルのキャトルエピスと非常に良く調和しており、お迎えしたお客様はとても喜んでいらっしゃいました。

 

今回のラインナップは:

・Krug Brut Grande Cuvée

・Krug Clos Du Mesnil 2002

・Krug 2000 Magnum

・Krug Brut Rosé

以上の5アイテムを提供いたしました。

 

 

このラインナップを見ると、どうしてもClos Du Mesnilに注目しがちです。確かにClos Du Mesnilが大変素晴らしいシャンパーニュですし、他と比較のしようがありません。
ただ、オリヴィエ氏が仰るには、「Krug」が造る全てのシャンパーニュがプレステージであり、何かが優れていて、何かが劣っているというような優劣はないのだそうです。

 

そして4Csの中で最も大切な「Connecting Chain」というワード。
「Krug」は過去から現在に至るまで、沢山の人と人との関係を繋ぎ、大切な絆を創りあげる役割を担ってきました。今回のディナーでも「Krug」がConrad Tokyoの大切なお客様や、料理・サービスに携わったConrad Tokyoのスタッフを繋いでくださいました。
「なので、今回は4Cs+ConradのCで、5Csですね!」という、神がかり的な言葉でこの会を閉めてくれたスーパー・ヘッドソムリエ 北原なのでした!(笑)

 

 

テクニカル的なことをお話しするよりも、オリヴィエ氏が望むのは、「Krug」が皆さまに喜びと感動を与え、その感動の輪が沢山の方に繋がり、絆を深めることです。
是非、コンラッド東京との絆を深めにKrug Brut Grande Cuvéeを飲みにいらしてくださいね。

 

 
非公認ゆるキャラ 森本 美雪

 

10 Apr

記事一覧に戻る

Other BlogOther Blog

  • COLLAGE
  • CHINA BLUE
  • 風花
  • cerise
  • TWENTY EIGHT
  • CONRAD WINE CLUB

connoisseur