• Instagram
  • facebook
  • twitter

鮨屋のワイン紀行 第2話

鮨屋のワイン紀行 第2話

~ 10/22~23 シャブリからのシャンパーニュ(アンリオ)~

 

私のこよなく愛するシャブリ、ウィリアムファーブルへ。

ボーヌよりワゴン2台で1時間半の移動。いやァー、愛するワインの事と言えど、やはりたいへん(こちらのドライバーさん、半端ないスピード狂…)
着くや否や試飲タイム。

 

メゾン物(サントリーさん)からドメーヌ物(自社畑栽培から瓶詰め出荷全てを行う)まで6種類。もちろん全て転がすのみ(以前は全て完飲、現在は我慢してます)。

試飲後の趣向に、これまたやられた!
7つのグラン・クリュをまずスラン川を挟む対岸(シャブリでは左岸)の丘からまず確認。

 

2

 

3

 
かぁ~らぁ~の~!

 

4

 
グランクリュ畑の「レ・クロ」。右端にグランクリュ「ブランショ」に続く。
そこには醸造責任者のディディエ セギエさん(2018年 ホワイトワインメーカー オブ ザ イヤー受賞)もお出迎え。

 

5

 

左から二番目。
この方シャブリにおいてのスーパー異端!
収穫は全て手収穫(シャブリでは9割機械収穫)、所有畑を80に細分類、通常35キロ入りの運搬ケースを13キロ入に変更(できるだけブドウを潰さないため)、新樽を大幅に制限(限りなく0% 本来の個性を尊重)、等々。
伝えたいことは山ほどありますが、割愛させていただきます。
番外編で『ワインと共存したワイン造り』等をお届けいたします。

後ろ髪引かれる思いで、さぁ
『時間(とき)が輝くシャンパーニュ・アンリオ』へ

「ヴーヴ・アンリオ・エイネ」として1808年創業の歴史あるメゾンです。

 

6

 

これからのクリスマスに一番右手の『アンリオ ブリュット ロゼ』
エレガンスと凝縮感、最高~(営業も忘れることなく~)5年以上の継続した好成績を評価され2018年にレン・エヴァンス特別賞を受賞しました。

 

7

 

そして地下のカーヴに移動しました。
こちらは写真とコメントでしばしご観覧ください。なかなか見れませんよー!
初生見「ピュピトル」(穴の空いたシャンパンを倒立させる台)

 

8

 

9

 

10

 
立てられたボトルの瓶口に溜まった澱(わかります?王冠付近に溜まった白い部分)。

 

11

 

カーヴの壁の一角に昔、遊び心で彫られたらしい彫刻です。

 

12

 

以前は王冠ではなく、コルクで蓋をし何年も熟成させてました。なので少しずつワインが漏れているのですね~。

 

13

 

14

 

100年近く前の漏れだしたワインの至深(しみ)。

 

そして鮨屋の珍道中、第3弾イタリア編に続く!

 

その前にチョイと小腹が空きました。
流石はアンリオさん。
昼食の松花堂弁当も美味しくいただけました。

 

15

 

右下
◎鮪とホタテの2色タルタル
私、鮨屋ですが完敗しました。

 

左下
◎牛ロースト
下味最高。冷えてても美味しい。

 

左上
◎デザートパッションフルーツソース
◎チーズ

 
右上のポケットサイズオリーブ油などの決めの細かいとこまで脱帽でした。

次回もお楽しみに!

 

鮨職人

坂元大二郎

19 Nov

記事一覧に戻る

Other BlogOther Blog

  • COLLAGE
  • CHINA BLUE
  • 風花
  • cerise
  • TWENTY EIGHT
  • CONRAD WINE CLUB

connoisseur