• Instagram
  • facebook
  • twitter

「日本ワインコンクール」

「日本ワインコンクール」

毎年7月になると山梨へ2回行きます!

そのうちの1回は今回のブログで取り上げる日本ワインコンクールの審査です。(もう1回は別のブログで紹介します!)
1年に1回、日本ワインの頂点を決めるコンクールの審査ですので、毎回のことながら緊張します。審査員は5つのグループに分かれて、2日間で約160アイテムのワインを試飲し、審査します。ソムリエは鼻や舌の鍛錬だけでなく、体力作りも必要ということを改めて感じる2日間。朝からずっと同じような香りや味わいのワインをひたすら試飲して、優劣を付ける作業は、まさに体力との闘い。

 

2 3

 

今年は世界最優秀ソムリエコンクールに出場した岩田ソムリエ、マンダリン オリエンタル東京の野坂ソムリエとともに、日本ソムリエ協会を代表しての参加です。このコンクールでは、ワイン審査の他に酒類総合研究所の後藤奈美先生がワインフレーバーのサンプルを用意してくださるのが恒例となっており、毎回楽しみにしています。我々ソムリエが「バラの花の香りのような」と表現した場合、ワインに含まれるどの成分にバラの香りが起因するのかを理解できる貴重なサンプルで、リストにある香りはすべて嗅ぐことができます。

 

4 5

 

毎年、ソムリエだけではなくワイン生産者やジャーナリスト、大学の教授陣と過ごす時間は大変楽しく、そして勉強になります。
今年の日本ワインコンクール審査結果発表は8月上旬と聞いておりますが、金賞や部門最高賞を獲得したワインは即座に市場から消えると言われるだけに、個人的にも結果がとても楽しみです。

 

6

 

コンラッド東京でも常時、グラスでも日本ワインをお楽しみいただけますので、ぜひ日本ワインコンクールの結果に思いを馳せながら、日本ならではの味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか?
エグゼクティヴ ソムリエ

森  覚

09 Aug

記事一覧に戻る

Other BlogOther Blog

  • COLLAGE
  • CHINA BLUE
  • 風花
  • cerise
  • TWENTY EIGHT
  • CONRAD WINE CLUB

connoisseur