• Instagram
  • facebook
  • twitter

フランス4生産者を招いての
スペシャルディナー開催@コラージュ

フランス4生産者を招いての<br />スペシャルディナー開催@コラージュ

2013年11月21日、モダンフレンチレストラン「コラージュ」にて
フランス4生産者を招いてディナーイベントを開催いたしました。
Sommelier Blog2.jpg
シャンパーニュ地方 ポル・ロジェより5代目のユーベル・ド・ビイ氏、アルザス地方 ヒューゲル社より12代目のエチエンヌ・ヒューゲル氏、コート・デュ・ローヌ地方 ペラン社よりマーク・ペラン氏、ラングドック・ルーション地方 エシェ・エ・バニェよりフランソワ・バニェ氏の4名揃ってのディナーは大変興味深いものとなりました。
それぞれの生産者のワインとシェフ前田の作る料理との組み合わせをフランス人はどう感じるのかソムリエとして楽しみにしておりました。
Sommelier blog1.jpg
まずは、アペリティフとしてジェロボアム(3000ml)のポル ロジェ ブリュット レゼルヴで皆様をお出迎えしました。
やはり、フルボトル(750ml)と比べるとこのサイズは丸みがあり、シャンパン特有の酸が穏やかに感じられました。
続いてポル ロジェ社のキュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル 2000。
ポル・ロジェをこよなく愛した元イギリス首相チャーチル氏へのオマージュを捧げるために造られたプレステージ・キュヴェのシャンパンで華やかにスタートいたしました。
メインディッシュには、北海道産蝦夷鹿をご用意いたしました。ワインはこれしかないでしょう!シャトー ドゥ ボーカステル シャトー ヌフ デュ パプ 2000。
シャトーヌフ デュ パプのAOCで認可された13ブドウ品種全てを使用しております。13年経過しているにも関わらず、まだまだ熟成可能なニュアンスはさすがです。
これ以上ないであろう組み合わせには、生産者も大変喜んでおりました。
Sommelier Blog3.jpg
あと5,6年寝かせると、もっとセクシーな味わいになっているでしょうから、2020年の東京オリンピックの頃に飲み頃を迎えているはずです。コンラッド東京のワインセラーに3本大切に寝かせております。皆様の前で抜栓する時を今から楽しみにしております。
4人の生産者を囲んでのディナーはとても楽しく、マリアージュも成功を収め、皆様終始笑顔で大変満足のいく会となりました。最後に、お忙しいところご参加いただきました皆様、ありがとうございました。本年も様々なイベントを実施いたしますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
ソムリエ
北原 康行

23 Jan

記事一覧に戻る

Other BlogOther Blog

  • COLLAGE
  • CHINA BLUE
  • 風花
  • cerise
  • TWENTY EIGHT
  • CONRAD WINE CLUB

connoisseur