• Instagram
  • facebook
  • twitter

ヒルトン F&Bマスターズ

ヒルトン F&Bマスターズ

去る1月19日、ヒルトン東京お台場にて、「ヒルトン F&Bマスターズ 日本・韓国地区 最終競技会」が開催されました。

 

今回が二回目の開催になるこのコンクールは、2014年から始まったヒルトン アジア・パシフィック地域の取組みで、料飲部門(調理、ソムリエ、バー、バリスタ)における新たな才能の発掘と人材育成を目的とし、それぞれの分野の技術とクリエイティビティを競うコンクールです。ヒルトン アジア・パシフィック地域で勤務している人間であれば誰でも参加可能なのがユニークなところで、過去には経理のチームメンバーが調理部門に参加したこともあるそうです。日本・韓国地区のホテルから、昨年11月から12月にかけて行われたホテル予選を勝ち抜いた合計61名の「達人たち(=Masters)」が最終競技会場のヒルトン東京お台場に集結し、各部門の今年のチャンピオンが決まります。

 

コンラッド東京での予選大会にて、幸運にもソムリエ部門の代表として選出されました。こう見えてとっても小心者のゆるキャラ…当日を迎えるまで、地味に毎日緊張しておりました(*^_^*)

エグゼクティヴ ソムリエの森の名前に恥じないよう…昨年このコンクールで初代チャンピオンの座を獲得した藤島の名前に恥じないよう…こう見えて色々考えてしまうタイプで案外繊細なのです!!!

 

しかし!とっても緊張していたのですが、いざ当日を迎えますと…電車遅延で集合の時間に間に合わず!緊張している間もなく既に始まっていた筆記試験から参加することになりました。。。

 

筆記試験は各国の様々なワインや飲料に関する問題、ワインリストの間違い探し、お料理とワインのマッチングの提案でした。遅れて参加した私はどさくさに紛れて、私が一方的にライバル意識を燃やしていた、コンラッド ソウル勤務のネイサン キム氏の隣に座って試験を受けました。隣で凄まじいスピードでペンを走らせるネイサン氏を見て勝手に焦ってしまいました。

筆記試験終了後は少し休憩を挟んで5種類のワインのブラインドテイスティング。
スパークリングワインを含めた白ワイン2種類、赤ワイン2種類の内容でした。
短い時間内に、外観・香り・味わい・総括・供出方法・フードペアリングまで言及しなければいけないのでかなりタイトな試験です。
相変わらず凄まじいスピードでペンを走らせるキム氏を横目で確認し…私はここでも焦っていました…。
その後はサービス実技。スパークリングワインと赤ワインのデカンタージュを行いました。ペーパーテストは苦手ですが接客が大好きなゆるキャラ…この試験はのびのびとした気持ちで臨むことが出来ました。
非常にタフで厳しい試験を終え…結果は…

 

 

今回のコンクールに出場して、改めて自分の勤務している会社には才能を持ったスターが沢山いることに気づくことができました。ヒルトンのグループにて勤務している人間は、お客様の喜びを自分の喜びだと感じることができる、心の温かいスターが沢山おります。
コンラッド東京のみならず、ヒルトン全体を引き続きご支持いただけたら嬉しいです。死闘の後は、参加者全員、懇親会に参加しました。最近のホテル事情の共有や意見交換をし、大変有意義な時間を過ごすことができました。(特に韓国のワイン関連の話は興味深かったです)

 

 

今回のコンクールでは、コンラッド東京は5部門中3部門(ソムリエ、バーテンダー、そしてパティシエ部門)において第一位を獲得することができました。うちの料飲部部長のアントニオ(イケメン)はトロフィー好きなので(笑)、大喜びでした。チームメンバーの皆にも喜んでもらえてとても嬉しかったです。ヒルトンチャンピオンのバーテンダーが創るクリエイティブなカクテル…、ヒルトンチャンピオンのパティシエが創る、新しい発見を楽しむ事ができるデザート。そして非公認ゆるキャラに会いにぜひコンラッド東京に足をお運びください(*^_^*)

 

2月21日はモダンフレンチ「コラージュ」にてシャンパーニュ「テタンジェ」のメーカーズディナー、そして2月23日は日本料理「風花」にてシャンパーニュ「ルイナール」のメーカーズディナーと、2017年もソムリエチームは皆さまの五感を刺激できるような魅力的なワインイベントを開催していきます!

皆さま、奮ってのご参加をお待ちしております!何卒宜しくお願いいたします。 (最後はちゃっかり宣伝するゆるキャラなのでした)

 

 

コンラッド東京 非公認ゆるキャラ
森本 美雪

05 Feb

記事一覧に戻る

Other BlogOther Blog

  • COLLAGE
  • CHINA BLUE
  • 風花
  • cerise
  • TWENTY EIGHT
  • CONRAD WINE CLUB

connoisseur