• Instagram
  • facebook
  • twitter

エーゲ海の神秘の白ワイン

エーゲ海の神秘の白ワイン

皆さまこんにちは!

ソムリエの藤島です。今回は、これからの季節におすすめの白ワイン、サントリーニ・アシルティコのご紹介です。

 

1 2

 

このワインは、エーゲ海に浮かぶ、青と白で統一された街並みが美しいサントリーニ島で、古代品種『アシルティコ』から造られるギリシャの白ワインです。今、世界中のワインラヴァーがこの小さな島の神秘の白ワインに注目し、アシルティコの虜になっています。実は私もそのうちの一人で、昨年の夏にギリシャ神話片手に研修に行ってまいりました。観光地としても有名なサントリーニ島ですが、本当に美しいところで、明るく穏やかな時間が流れています。

 

3 4

 

さてこのワイン、おすすめするからにはもちろん美味しいわけなのですが、とにかく他にはないような個性をたくさん持っており、それがまたとても魅力的なのです。まずはどんな味なのか簡単にご説明しますと、“フレッシュで爽やか!かつジューシーで力強く、ミネラリー!”地中海を彷彿とさせるレモンやハーブに、微かに白桃や洋梨の甘い香りが混ざり、明るくとても寛容な感じを香りから楽しめます。飲んでみると非常にコクがありドライ!カラッとした気候でたっぷりの光を浴びて完熟したブドウを連想できます。それでいながらフレッシュな酸味たっぷりで、味わいの後半はとても心地良く爽やかです。本当に良く熟れた上質なレモンをかじっているような感じです。普通、ブドウは熟度が上がるほど酸味は落ちてしまい、やや重く飲みにくいワインになりがちなのですが、このワインは凝縮度と酸度がとても高いレベルで共存しています。「しっかりと熟しても酸が落ちずダレない。」実はこれこそがアシルティコ種が持つ個性、特徴だそうです。また、飲み込んだ後に湧き上がってくる芳醇な余韻が醍醐味で、なんとも贅沢。思わず「美味い…」と言ってしまいます。そして何よりエーゲ海の潮風がもたらす塩っぽさがこのワインをより特別なものにしています。もう相性の良い料理なんて挙げだしたらキリがありません。

 

5

(サントリーニ島のブドウ畑)

 

6

(4000年前の遺跡)

 

他にもたくさんサントリーニにしかないようなワインの雑談や歴史があるのですが、ここではちょっと長くなってしまいますので、、、
コンラッド東京にお越しの際にお聞きいただければ幸いでございます。

 

コンラッド東京では、夏の期間、全てのレストランでバイザグラスとしてオンリストしております。今年の夏はぜひ、東京湾を眺めながらサントリーニワインをお楽しみください!

 

ソムリエ 藤島

20 Jun

記事一覧に戻る

Other BlogOther Blog

  • COLLAGE
  • CHINA BLUE
  • 風花
  • cerise
  • TWENTY EIGHT
  • CONRAD WINE CLUB

connoisseur